店長裏話
ブログ
BLOG

店長ひとり言「香川県→うどん県?」

香川県がどうして「うどん県」と呼ばれるのか?今夜は満月なので、その秘密に迫りたいと思います!

香川県はかつて「讃岐国」と呼ばれていました。そう、讃岐うどんが有名ですよね。その為なのか「うどん県」と自らを呼ぶようになって、その名を全国に広めたって訳なのです。

どうして「うどん県」なんでしょう?

香川県はどうして「うどん県」なのか?
日本人の主食といえば「お米」ですよね。しかし香川県民は、お米より「うどん」を年から年中食べてると言っても過言ではありません。

香川県の水道は「めんつゆ」が出てくるって言われてますよね(笑)出ませんけどね(^▽^;)それほど、毎日うどんを食べてるってことですね!

ではどうしてこんなに香川県民はうどんを愛しているのでしょうか?それは・・・うどん作りに適した場所だったという話です。

香川県は四国の中でも雨が少ない地域と言われ、日本の中でも雨量がとても低い地域なんです!高知県に比べると年間1/3しか雨が降らないそうですよ。確かにぜんぜん降らないかも・・・

しかし雨が少ないと「お米」の生産が出来なかったと言われています。そこで香川県は「小麦」の生産に乗り出したって訳なのです!小麦はカラっとした地域でも栽培に適していると言われていたのです。

そんな訳で小麦粉がたくさん採れたことから「うどん」が盛んになったって訳なのですね!!確かに私もほぼ毎日うどんばかり食べてます(笑)

それでは、香川・高松・徳島・愛媛・高知・岡山・倉敷で風俗バイトを探してる地元の女の子は「アクアマリン」に是非ご相談くださいね!